iKnow! BLOG

iKnowってなに?

+αの英語表現

posted on

「多分」「もしかすると」はどう表す?確信度・可能性を表す副詞7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「多分」「もしかすると」はどう表す?確信度・可能性を表す副詞7選

「多分行くよ」「きっと来ると思うよ」「もしかするとそうかもしれないね」

どれくらいの確信を持っているのかを表す際に動詞と一緒に使われるのが副詞。その代表的な “maybe” はよく知られている単語だと思いますが、実際にどれくらいの確信度なのか知っていますか?

今回は、会話でよく使われるものを厳選して【確信度・可能性を表す副詞7つ】を紹介したいと思います。

▼ もくじ
絶対にそうだと信じる「確かに」「絶対に」
 definitely(確信度120%)
 certainly(確信度ほぼ100%)
確信度は50%以上の「多分」「おそらく」
 probably(確信度80-90%)
 likely(確信度60%)
確信度は50%以下の「もしかすると」
 maybe(確信度30-50%)
 perhaps(確信度30-50%)
確信はほとんど無い「ひょっとしたら」
 possibly(確信度10%)
まとめ

絶対にそうだと信じる「確かに」「絶対に」

絶対にそうだと信じる「確かに」「絶対に」
まずは、かなり高い確信度を表す時に使われる “definitely” と “certainly”。“definitely” のほうが確信度は少し高めです。

definitely(確信度120%)

話し手が確信している「〜だ」を強調するための表現で「絶対に」「間違いなく」を意味する副詞です。形容詞の “definite” が「変わることのない」というニュアンスを含むので、副詞の “definitely” も「そう信じて全く疑わない」「疑いの余地は全くない」という、かなり強い確信を表します。

  • I’ll definitely call you tonight.
    「今晩絶対に電話するね」
  • This is definitely the best movie ever!
    「これ、絶対今までで最高の映画だよ!」

certainly(確信度ほぼ100%)

これも同じく、話し手の「確かだと思う」「正しいと思う」ことを強調する時に使う副詞です。“definitely” よりほんの少しだけ確信度が落ちますが、こちらも「疑いなく」というニュアンスを含むので、かなり高い確信度がうかがえます。

  • The restaurant is a bit far from downtown but certainly worth a visit.
    「そのレストランは繁華街から少し遠いけど訪れる価値は確かにあるよ」
  • He’s certainly coming to the party.
    「彼は絶対にパーティーに来るよ」

 

確信度は50%以上の「多分」「おそらく」

確信度は50%以上の「多分」「おそらく」
次に紹介する副詞 “probably”、“likely” は推量を含むので、先ほど紹介した “definitely” や “certainly” よりも確信度は低くなります。

probably(確信度80-90%)

「多分」と訳されることが多いですが、“probably” はかなり高い確信度・実現の可能性を表します。もしかするとそうではないかもしれないけど、ほぼ間違いないことやほぼ確定していることに対して使われます。「多分」という訳からも分かるように、推量を含んでいるので100%とは言わないまでも、話し手はかなりそれに近い確率を感じています。

  • I’ll probably attend the meeting tomorrow.
    「私は多分明日のミーティングに出席しますよ」
  • He’s probably still at the office.
    「彼は多分まだ仕事だよ」

likely(確信度60%)

“probably” より少し確信度の劣る「多分〜だ」を表すのが “likely”。アメリカ英語では “likely” 単体で使うこともできますが、イギリス英語では必ず “very” や “more”、“most” を前にともなって、より高い確信度を表します。

“most likely” は「最もありそうな、起こりそうな」となり、その可能性はとても高くなります。

  • 2017 will likely be the hottest year on record.
    「2017年は多分観測史上最も暑い年になるだろう」
  • It will most likely rain tomorrow.
    「おそらく明日は雨が降るだろう」

 

確信度は50%以下の「もしかすると」

確信度は50%以下の「もしかすると」
次は確信の度合いが少し下がる、“maybe” と “perhaps” ですが、これらはよく文頭で使われます。どちらも不確実さを表す場合だけでなく、可能性は本当はもっと低いけど丁寧さを出すために敢えて使われることもあります。

maybe(確信度30-50%)

“maybe” は「可能性はあるけど不確かな」というニュアンスですが、確信度が50%よりも低いというのがポイントです。自分で決断・コントロールできないことを推測する場合によく使われ、口語的で少しカジュアルな印象を与えることがあります。

相手の質問に対して “Maybe.” と単語だけで答えるのは場合によっては不誠実な印象を与えることがあるので、できるだけ文章にしたり、そう思う理由を付け加えるなどの注意が必要です。

  • Maybe he’ll come to the party.
    「もしかすると彼はパーティーにくるかもしれない」
  • Maybe she likes you.
    「彼女、もしかすると君のことが好きなのかも」

perhaps(確信度30-50%)

確信度は “maybe” とほぼ同じですが、こちらのほうが少しフォーマルな印象があります。

  • There were 300 people in the hall, perhaps more, when the gunman opened fire.
    「射撃犯が発砲した時にはホールに300人、もしかするともっとたくさんの人がいた」
  • This book is perhaps too difficult for your child to read.
    「お子さんにはこの本はもしかしたら難しすぎるかもしれません」

 

確信はほとんど無い「ひょっとしたら」

確信はほとんど無い「ひょっとしたら」
最後は、確信度が最も低い “possible” を見てみましょう。

possibly(確信度10%)

“possibly” は「〜である」という可能性を少しだけ感じている程度で、確信度としてはほとんど期待できません。もしかしたらその可能性があるかもしれないという「ひょっとすると」「ひょっとして」というニュアンスになります。また、下の例文のような新聞・報告などの硬い文章で使われるイメージがあります。

  • Many of the areas could take years, possibly longer, to rebuild after the massive quake.
    「巨大地震のあと、多くの地域では再建に何年も、ひょっとしたらそれ以上かかるかもしれない」

 

まとめ

今回紹介した内容をまとめると、以下のようになります。

確信度  
120% definitely
ほぼ100% certainly
80-90% probably
60% likely
30-50% maybe, perhaps
10% possibly

ただ、ここで一つ注意しなければいけないのは、これらのパーセンテージはあくまで目安ということです。人によって捉え方が多少違ったり、言い方によっても微妙に変わることがあります。

ただパーセンテージを暗記するのではなく、確信が高いのか低いのか、もしくは半々ぐらいなのかという感覚を身につけることが大切ですね。

 

【同じようで違う!ネイティブ並みの英語表現使い分け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITERこの記事を書いた人

profile_yoko_osada
WRITTEN BYYoko

7年前に語学留学のつもりで来たニュージーランド。あまりの住み心地のよさに永住してしまいました。どうしたら英語をもっと楽しく学べるかを日々考えながら「日刊英語ライフ」という英語コラムのサイトをやっています。

このライターの最近書いた記事はこちら