iKnow! BLOG

iKnowってなに?

+αの英語表現

posted on

語彙力が一気につく!接尾語+接頭語+語幹のパターンを覚えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

語彙力が一気につく!接尾語+接頭語+語幹のパターンを覚えよう!

英単語は、覚えれば覚えるほど役に立ちます。実際にアメリカで暮らしていても、それはよく実感します。知らない単語は聞き取ることができませんし、文章を読んでいても、一つの単語がわからないために一文まるまるわからない…という事態は往々にして起こります。

特に厄介なのが、長い単語。たとえば、”retrospective” の意味はすぐにわかりますか?(答えは記事の最後をチェック!)

実は、一見ややこしい単語は、よく見るとなんらかのパターンにはまっていることが多いです。そのパターンを知っていると、単語の意味を知らなくても、推測することができます。

たとえば日本語でも、たとえ「鮪」の意味がわからなくても、魚偏がついているのを見て「魚の種類かな?」と予想することはできるのではないでしょうか。

英語も同じように、パターンを知っていればいるほど、意味の推測も簡単になっていきます。そこで、今回は、そのパターンを少しご紹介したいと思います!

パターンその1:接尾語(suffix)から推測!

接尾語にはパターンがあります。たとえば、形容詞の最後に “ly” が加わると副詞になる、というのも接尾語の一つのパターンです。

英単語の推測に役立つ接尾語のパターンを一部、表にまとめてみました。

接尾語 意味
-able 〜できる available(利用可能な)、capable(有能な)
-arium (orium) 〜のための場所 aquarium(水族館)、auditorium(講堂)
-cide 殺すこと homicide(殺人)、suicide(自殺)
-ee 受け取る人 nominee(候補者)、employee(従業員)
-eer 〜に従事する人 engineer(エンジニア)、volunteer(ボランティア)
-emia 血液関係 anemia(貧血)、leukemia(白血病)
-en 〜でできた wooden(木製の)、golden(金製の)
-log 話すこと dialogue(会話)、monolog(独白)
-ology ~学 meteorology(気象学)、psychology(心理学)
-pathy 気持ち sympathy(同情), apathy(無気力)
-phobia 恐怖症 acrophobia(高所恐怖症)、claustrophobia(閉所恐怖症)
-scribe/script 書く transcript(記録)、describe(描写する)
-sphere 地球 atmosphere(大気)、hemisphere(半球)
-ward 方向 backward(後方に)、eastward(東方へ)
-ware 同一種類の品 hardware(金属製品)、kitchenware(台所用品)
-wise 向き clockwise(時計回りの)、lengthwise(縦に)

流行語や新語なども、これのパターンに沿って作られることがあります。たとえば、少し前から “blogosphere” という言葉をよく見聞きするようになりましたが、これは「ブログ界隈」という意味になります。これも、”sphere” の意味を知っていれば、自然に意味が想像できますね!

パターンその2:接頭語(prefix)から推測!

一方、接頭語にも、さまざまなパターンがあります。

接頭語 意味
acro- 高さ acrobat(アクロバット)、acrophobia(高所恐怖症)
aer/o- 空気 aerospace(航空宇宙の)、aerobic(有酸素の)
ambi, amphi- 両面の ambiguous(曖昧な)、ambivalence(心の葛藤)
ann/enn anniversary(記念日)、annual(年に一度の)
art- 技術 artifact(工芸品)、artisan(職人)
bio- 生命 biography(伝記)、biology(生物学)
cent/i- 100 centennial(100周年)、century(1世紀)
col- 一緒に collaborate(協力する)、collision(衝突)
contra/o- 反対の contradict(〜と矛盾する)、controversy(論争)
corp/o- corporation(法人)、corpse(死体)
dem/o- 人々 democracy(民主主義)、demographic(人口)
du/o- 2 duplicate(重複)、duet(二重唱)
equ/i- 平等 equivalent(同等のもの)、spring equinox(春分)
fore- forehead(額)、forecast(予測)
geo- 地球 geography(地理)、geology(地質学)
grat- 喜ばせる gratitude(感謝)、gratuity(心付け、チップ)
hydr/o- hydrate(水分補給する)、fire hydrant(消火栓)
inter 間の international(国際の)、intersection(交差点)
liber- 自由 liberal(自由主義の)、liberty(自由)
medi- 中間 medieval(中世の)、mediocre(二流の)
opt- 最高 optimal(最適な)、optimize(最適化する)
phil/o philharmonic(交響楽団)、philanthropist(慈善家)
retro- 後ろへ retroactive(遡って効力がある)、retrospect(回想)
san- 健康 sanitary(公衆衛生の)、sanitize(消毒する)
spec/t, spic- 見る spectator(見物人)、spectacle(壮観)

接尾語のパターンに加えて、接頭語のパターンも覚えていれば、例えば “hydrophobia” という単語を目にしても、「あっ、これは “hydro” と “phobia” だから恐水症のことかな」と想像がつきますね!

パターン3:語幹(root)から推測する!

最後に、語幹のパターンも覚えておきましょう。

語幹 意味
act 行動 activity(活動)、react(反応)
cert 確かな ascertain(解明する)、certificate(証明書)
claim, clam 大声で言う exclaim(叫ぶ)、proclamation(宣言)
clud, clus 閉める conclusion(結論)、exclude(〜を排除する)
cred 信用 incredible(信じられない)、credibility(信憑性)
dict 話す contradict(〜と矛盾する)、dictation(口述)
don/at 与える donation(寄付)、pardon(許す)
duc/t 率いる conduct(指揮する)、educate(教育する)
dur 耐える durable(耐久性のある)、enduring(長続きする)
lab 働く collaborate(協力する)、elaborate(入念に作る)
loc 場所 location(場所)、relocate(移転する)
mand 命令 command(指令)、mandate(義務付ける)
poli metropolis(大都市)、politics(政治)
port 運ぶ export(輸出)、portable(持ち運びできる)
rupt 壊れる bankrupt(破産)、interrupt(中断)
soph 賢い philosophy(哲学)、sophisticated(洗練された)
temp/or 時間 contemporary(現代の)、temporary(一時的な)

これで、たとえば “credible” という単語を目にしても、「あっ、これは “cred” と “able” だから「信頼できる」という意味なのかな」とだいたい想像ができます!

まとめ

というわけで、冒頭で挙げた “retrospective” は、”retro(後ろ)” と “spec(見る)” が入った形容詞なので、「回顧的な」という意味になります。

いかがでしょうか?一度に全部を覚えるのは大変だと思いますが、気になった単語は『Online Etymology Dictionary』でチェックするなどして、単語の仕組みを覚える習慣を身につけると、次第に他の単語にも応用できるようになっていくと思います。ぜひお役立てください!

http://iknow.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITERこの記事を書いた人

Riho
WRITTEN BYRiho

大学卒業と同時に渡米。『ツカウエイゴ』というブログで、日常生活で出会った英語を日々紹介しています!http://www.tsukaueigo.com/

このライターの最近書いた記事はこちら