iKnow! BLOG

iKnowってなに?

+αの英語表現

posted on

もう何も怖くない!渡米前にチェックしたい入国審査マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう何も怖くない!渡米前にチェックしたい入国審査マニュアル

もうすぐお盆休みですね。海外旅行に行く方も多いのではないでしょうか。海外旅行と言えば、待ちかまえるのが入国審査。緊張感漂う中、英語でいろいろな質問に答えるのは、慣れるまでは勇気がいるかもしれません。

そこで、アメリカを例に、入国審査マニュアルを作成してみました。他の国でも聞かれることは似ていると思うので、これを参考にぜひ入国審査を乗り切ってください!

アメリカの入国審査マニュアル

目次

  1. 1. アメリカの入国審査の流れ
  2. 2. 入国審査で聞かれること
  3. 3. 入国審査の時に怪しまれる人の特徴
  4. 4. 入国審査に役立つ単語集

1. アメリカの入国審査の流れ

飛行機から降りて、入国審査まで辿り着いたら “NON-US CITIZEN” のラインに並びます。

アメリカの入国審査は、顔写真の撮影や指紋採りもあるので、けっこう時間がかかります。最近は空港で Wi-Fi が使えるところも多いので、場所によっては携帯や電子機器も使用できると思いますが、万が一のために文庫本を一冊持っておくと時間つぶしに役立つでしょう。

入国審査ではパスポートやビザ(または ESTA)、機内で配られる関税申告書(custom form)を見せる必要があるので、すぐに取り出せるようにしておくと安心です。
入国審査の流れ

1. Next! / 次!

自分の番が呼ばれたら、荷物を全て持って入国審査官の前に進みます。

2. May I see your passport, please? / パスポートを見せていただけますか。

まずはパスポートを見せます。そして、いくつか質問に答えます。

※質問の内容については、後述します。

3. Press four fingers on your right hand, please. / 右手の親指を(スクリーンの上に)置いてください。

次に指紋を採ります。まずは右手から。先に親指以外の4本の指紋を採り、その後親指の指紋を採ります。右手が終わったら、左手も同様にします。

※空港や入国審査官によって、順番に違いがあるかもしれません。

4. Look at the camera, please. / カメラを見てください。

続いて、写真を撮影します。メガネは外して撮ります。

5. Here you are. Enjoy your stay. / どうぞ。よいご滞在を。

最後にパスポートを返してもらい、終了です。

2. 入国審査で聞かれること

相手は簡潔に質問してくるので、こちらも簡潔に答えれば十分です。聞き方は入国審査官によって異なると思いますが、パターンはだいたい同じなので、ある程度予想しておくと余裕を持って臨めます。

What’s the purpose of your visit? / 渡航目的は何ですか。

– Sightseeing.(観光です。)
– Business.(ビジネスです。)

How long will you be staying? / 滞在期間はどれくらいですか。

– One week.(1週間です。)

Where will you be staying? / 滞在先はどちらですか。

– At the Hilton.(ヒルトン・ホテルです。)
– At my friend’s house.(友人宅です。)

Do you have a return ticket? / 帰りの航空券はお持ちですか。

– Yes. Here it is.(はい。これです。)

First time to the US? / アメリカは初めてですか。

– Yes.(はい。)

Where are you coming from? / どちらからお越しですか。

– From Tokyo.(東京です。)

What’s your occupation? / 職業は何ですか。

– Businessman.(会社員です。)
– Sales person.(営業職です。)
– Homemaker.(主婦です。)
– Student.(学生です。)

3. 入国審査の時に怪しまれる人の特徴

おまわりさんこの人です

声が小さい人

英語に自信がなくて声が小さくなる人がいますが、おどおどしていると、何か隠しごとをしているのではないかと思われる可能性があります。堂々と簡潔に話しましょう。

何を言っているかわからない人

英語が苦手な人ほど、文章が長くなる傾向が見られます。そして文章が長いばかりに、何を言っているかが相手に伝わりにくく、最悪の場合は別室に連れて行かれる可能性もあります。相手もスピードに追われているので、要点だけ簡潔に伝えるようにしましょう。

質問が理解できていないのに、適当に返事をする人

英語が理解できていない場合に、相手の言ったことを想像しながら適当に相づちを打っても、たいてい相手にはばれます。質問と答えが噛み合わないと信用を失うばかりか、最悪の場合はウソをついているとも思われかねないので、理解できなかった場合は遠慮せずにもう一度言ってもらいましょう。

必要以上に愛想が良い人

フレンドリーすぎる人もやや不自然です。笑顔で接するのは良いことですが、余計なことまでべらべら喋って墓穴を掘ることのないよう気をつけましょう。

無職の人

移民局は不法就労に敏感です。職業を聞かれる時、無職の人は回答を工夫して「必ず帰国する意志」があることを明確にしましょう。フリーターの人も、”part-time worker” と答えるのが無難です。

4. 入国審査に役立つ単語集

入国審査でよく使われる単語をまとめてみました。これを機に語彙力も伸ばしましょう。

英語 日本語
immigration officer 入国審査官
immigration (control) 入国管理
boarding pass 搭乗券
custom form 税関申告書
pleasure 遊び、気晴らし
sightseeing 観光
destination 目的地
nationality 国籍
occupation 職業
fingerprint 指紋
thumb 親指

まとめ

せっかくスケジュールを組んで行っても、別室に連れて行かれて追加審査となれば、予定が狂って体力も疲弊します。パターンさえつかんでおけば、そんなに難しいことではないので、最初にモチベーションが下がらないようきっちり準備していきましょう。備えあれば、憂いなしです。

ちなみに私は、パスポートの写真が若気の至りで金髪のため、入国審査ではほぼ毎回「雰囲気が違う」と言われます。その気まずさを突破するために、ある日「アメリカ人みたいになりたかったんです」と言ったところ、入国審査官が大笑い。それ以来、毎回パスポートの写真を突っ込まれたらこのフリで乗り切っています。

入国審査官も人間なので、そんなに怖くはありません。Have a nice trip!

Facebookページも毎日更新中!

iKnow! の Facebookページでは、世界のニュースや英語にまつわる面白い記事など日々発信しています!
是非フォローしてしてね♪ iKnow! 公式 Facebook ページはこちら→ https://www.facebook.com/iKnowJP/

http://iknow.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITERこの記事を書いた人

Riho
WRITTEN BYRiho

大学卒業と同時に渡米。『ツカウエイゴ』というブログで、日常生活で出会った英語を日々紹介しています!http://www.tsukaueigo.com/

このライターの最近書いた記事はこちら