iKnow! BLOG

iKnowってなに?

+αの英語表現

posted on

出会いと別れの春に!旅立つ友に贈る英語の名言12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出会いと別れの春に!旅立つ友に贈る英語の名言12

春。日本では出逢いと別れが相次いで訪れ、誰もが期待とちょっぴりの不安を抱える季節ですね。

一方、アメリカは昔から就職時期が一律ではなく、転職も当たり前な社会。だからこそ別れを惜しんで寂しがるより、相手の旅立ちを応援し、新しい出会いを待ち望むような姿勢がみられます。

今回は、そんな場面に使える名言を集めてみました。人生のターニングポイントを迎えた人との会話に何気なくはさみ、相手を勇気付け応援する気持ちを伝えてみてください。
 

偉人たちが残した名言12

名言

  1. Oh, the places you’ll go! There is fun to be done!
    「あぁ、君が行く場所!楽しいことが待っている!」

 
-Dr. Seuss(ドクター・スース)

アメリカ人なら大人も子どもも大好きな国民的絵本作家、ドクター・スースの代表作のひとつ『Oh, The Places You’ll Go!』からのフレーズです。少年が未知の世界を旅するこの絵本は、どのページにも「旅立つ人」にぴったりのフレーズで溢れています。絵本をまるごと1冊プレゼントするのも素敵です。
 

  1. Good things happen when you meet strangers.
    「良いことは見知らぬ人と出逢った時に起こる」

 
-Yo-Yo Ma(ヨーヨー・マ)

中国人の両親の元、パリに生まれ、ニューヨークで音楽教育を受けた世界的なチェロ奏者、ヨーヨー・マの名言です。音楽家として成功してからもコンサートのために世界中を旅するなかで得た体験ではないでしょうか。
 

  1. Go out into the world today and love the people you meet.
    「今日、世界に出て、出逢った人々を愛しなさい」

 
-Mother Teresa(マザー・テレサ)

万人を愛し、尽くすことに生涯を捧げたマザー・テレサが残した言葉。「世界」とは必ずしも外国を指さず、自分の殻を破って安全領域を抜け出し、新しく会った人たちとの関係を大切にすることを意味するのでしょう。
 

  1. I didn’t come here to be average.
    「平凡であるためにここに来たわけじゃない」

 
Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)

バスケットボールの神様、ジョーダンならではの自信に溢れた言葉です。新しい職場でいきなりこの言葉を口にするのは勇気がいりますが、内心ではこれくらいのプライドと意気込みを持つほうがやる気が湧き、さらなる成長も望めるかもしれませんね。まさにアメリカン・スピリッツです。
 

  1. All endings are also beginnings, we just don’t know it at the time.
    「すべての終焉は始まりでもあるが、その瞬間には気付かないものだ」

 
-Mitch Albom(ミッチ・アルボム)

本業は作家ながら舞台脚本家、スポーツリポーター、ラジオパーソナリティもこなすマルチな才能の持ち主、ミッチ・アルボムの言葉。ひとつの仕事の終わりがまったく新しい仕事に繋がった経験があるのではないでしょうか。
 

  1. Whatever you are, be a good one.
    「あなたが何者であれ、善人でありなさい」

 
-Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)

第16代大統領リンカーンの言葉です。職業も所得も人種も出身国も関係なく、人間性のみが重要であるということです。これから新たな環境に飛び込んで行く人に最高のプレゼントとなる言葉ですね。
 

  1. It does not matter how slowly you go so long as you do not stop.
    「いくらゆっくり時間をかけて進もうが、止まらない限り問題ではない」

 
-Confucius(孔子)

進学や就職を控え、ちょっぴり自信をなくしている人を勇気付けられる言葉です。

儒教の始祖、孔子の教えは英語にも訳され、アメリカでもアジアの思想/哲学として尊ばれています。
 

  1. Pour yourself a drink, put some lipstick on and pull yourself together.
    「一杯飲んで、口紅塗って、そしてシャンとしなさい」

 
-Elizabeth Taylor(エリザベス・テイラー)

往年の大女優エリザベス・テイラーの言葉は別れも含め、挫折を経験したばかりの女性をおおいに叱咤激励してくれます。

“pull yourself together” とは、傷付いたり疲れたりしてバラバラになった自分自身をひとつに引き寄せる→シャンとする、気をしっかり持つといった意味合いです。
 

  1. Only time can heal your broken heart, just as only time can heal his broken arms and legs.

    「時間だけがあなたの傷付いた心を癒せるの。時間だけが彼の骨折した腕と脚を癒せるようにね」

 
-Miss Piggy(ミス・ピギー)

アメリカのセクシーな人気パペット、ミス・ピギーのお言葉です。傷心の女友だちを慰める際にもウィットの効いたジョークを加えるのがアメリカ流。(別れる際のケンカで彼女は彼に一体、何をしたんでしょうね笑)
 

  1. The only certain freedom’s in departure.
    「唯一の確かな自由は、旅立ちにある」

 
-Robert Frost(ロバート・フロスト)

日々の生活の中で制約のある小さな自由を求めるより、思い切って旅立ち、本当の自由を手に入れよ、ということですね。アメリカを代表する詩人ロバート・フロストの言葉です。
 

  1. There is a time for departure even when there’s no certain place to go.
    「確かな行き先は無いにしても、旅立つべき時がある」

 
-Tennessee Williams(テネシー・ウィリアムズ)

先のロバート・フロスト以上に新たな出発への勇気を奮い起こさせてくれるのがアメリカを代表する劇作家、テネシー・ウィリアムズです。たとえ行き先はなくとも、とにかく旅立ってしまえ、というわけです。
 

  1. Yes We Can. Yes We Did.
    「イエス、私たちには出来ます。イエス、私たちはやりました」

 
-Barack Obama(バラク・オバマ)

8年前、”Yes We Can!” をキャッチフレーズに当選したオバマ大統領が最後の演説で口にしたフレーズです。かつて “Yes We Can!” と約束したことを実行し、 “Yes, We Did!” で締めたわけです。

“Yes You Can!” “Yes You Did!” に言い換えると卒業する人、退社/転職する仲間へのはなむけの言葉となりますね。
 

おまけ:アメリカ人は名言小物がお好き

おまけ:アメリカ人は名言小物がお好き
アメリカに長く住んでいると、著名人の言葉が何気ない会話のなかで引用されるのを耳にしたり、もらったグリーティングカードに印刷されていたりして、アメリカ人は名言・格言が好きだなあと感じます。

カードのほかにも小さな壁飾り、マグカップといった小物に名言がプリントされたものを気軽なプレゼントとして贈り合います。これらは著名人の言葉の場合もあれば、特に作者がいないものもあります。

そのなかから見つけた、人生のターニングポイントに贈れる言葉を、おまけとしてご紹介しましょう!

※どれも特に作者のいないものです

 

  1. Congratulations, now I hate you.
    「おめでとう。これで私はあなたが嫌いになったわ」

もちろんジョークです。栄転、留学、結婚などで去っていく人も含め、何かを成し遂げた相手に「私が嫉妬するくらい、あなたは成功した」という意味で贈る言葉です。ただし、仲の良い相手限定で使ってくださいね。
 

  1. Good friends never say goodbye, they simply say “See you soon.
    「良き友は決して『さようなら』と言わず、単にこう言う。『すぐに会おう』」

再び会う機会はないと思えても、本当に大切な友には別れを告げず、再会を約束しましょう。そうすればきっとまた会えます。

※ “Goodbye” と “See you soon” はほぼ同じように使われる別れの挨拶ですが、ここではどちらも敢えて文字どおりの意味に解釈しています
 

  1. There’s “hell” in hello,
    “good” in goodbye,
    and “if” in life.

    ハローには「地獄」
    サヨナラには「グッド」
    そして人生には「もしも」

綴りの遊びです。ポジティブな単語にネガティブな言葉が、ネガティブな単語にポジティブな言葉が含まれおり、人生の機微が伝わりますね。
 

まとめ

いかがでしたか。どれもアメリカで好まれる、前向きな言葉です。大切な人のために、そして自分自身にために、ぜひ使ってみてください。
 
【英語の名言を会話のなかで使ってみよう!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITERこの記事を書いた人

堂本かおる
WRITTEN BY堂本 かおる

1996年に「1年だけ」のつもりでニューヨークに渡り、そのまま永住。以後、フリーランスライターとしてニューヨークの社会事情、時事問題、エスニック風景を書き綴る。趣味はエスニック・ドール・メイキング。http://www.nybct.com/

このライターの最近書いた記事はこちら